むじんくん審査甘い

\自動契約機(むじんくん)で今すぐ借りるなら/

トップページ

自動契約機(むじんくん)で今すぐお金を借りたい方、自動契約機についてよく分からないという方のために、アコムの自動契約機(むじんくん)での借り方を分かりやすくご紹介します。

お急ぎの方は、自動契約機(むじんくん)コーナーに行く前にネットで事前申し込みをしておくのがおすすめ。ネット申し込みを済ませた後自動契約機(むじんくん)で契約するのが一番早い借り方です。

「突然の出費で今すぐお金借りたい」
「郵送物なしでお金借りたい」


こういった方には、郵送物なしで即日融資も可能なアコム自動契約機(むじんくん)の利用がおすすめです。

\今からお金借りれる!/
自動契約機(むじんくん)の借り方は?

1.アコムの自動契約機(むじんくん)に来店

お近くの自動契約機(むじんくん)に来店する際には、本人確認書類を持参してください。

また、以下に該当する方は、本人確認書類と合わせて収入証明書の提出が必要になります。
・アコムで50万円以上借り入れる方
・他社を含めた借入総額が100万円を超える方

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

2.申し込み手続き

画面にしたがって、必要事項の入力や本人確認書類の提出を行ないます。

操作はタッチパネル式で画面どおり進めば大丈夫ですが、操作方法が分からない場合には、備え付けの電話でオペレーターに聞くことが出来るので安心です。

3.審査開始

仮審査がなく、申込完了後すぐに本審査が行なわれます。

審査時間は最短30分ほど。審査中は自動契約機(むじんくん)の中で審査結果を待ちます。

4.審査結果の回答

審査が完了したら、備え付けの電話にてオペレーターより結果が伝えられます。利用限度額についてもこの時伝えられます。

ちなみに利用限度額は、総量規制の対象により年収の3分の1以上の借り入れは法律上できません。よって、最高限度額は年収の3分の1までとなります。借入希望額の目安に覚えておいて下さい。

5.契約手続き

無事に審査に通ったら、タッチパネルで契約手続きを進めます。

カードの暗証番号の設定や申込内容の確認などが完了すると、契約書が出てきます。

出てきた契約書を確認し、署名してモニター下部の機械に読み込めばOK。これですべての手続きが完了です。

6.カード即日発行

すべての手続き完了後は、自動契約機(むじんくん)からすぐにローンカードが発行されます。

カードが即日発行されるので、自宅に郵送物が送られることはありません。家族にバレる心配がないので安心ですね。

7.アコムATMで借り入れ

自動契約機(むじんくん)の隣にはアコムATMが併設されているので、すぐに借り入れ出来て便利です。

アコムATMに限らずコンビニ提携ATMでも、借入・返済は可能です。銀行振込を選択すれば、銀行ATMでも現金の引き出しが可能になりますが、今すぐお金を借りたい方はアコムATMでの借り入れが一番早いのでおすすめです。

\今すぐお金を借りたい人は/
自動契約機(むじんくん)がおすすめです

今すぐ最短で借りるなら
事前にネット申し込み!
金利限度額審査時間
年3.0%~18.0%800万円まで最短30分
  • 即日融資にも対応!
  • 振込キャッシングも可能!

【はじめてなら30日間無利息!】
初めてアコムで借り入れる方に限り、30日間利息が0円で借りれるサービスが行なわれています。お得に借りれるチャンスですが、審査が不安という方は公式サイトにある「3秒診断」でまずは借入診断をしてみることをおすすめします。

【郵送物なしで借りれる!】
自動契約機(むじんくん)で契約手続きを行なうと、手続き完了後すぐにローンカードが即日発行されます。自宅にローンカードが届く心配がないので、家族にバレずに借り入れることができます。

【事前申し込みなら最短で借入!】
自動契約機(むじんくん)に来店する前に、パソコンやスマホから事前にネット申し込みを済ませておくだけで、自動契約機(むじんくん)での手続きが大幅に時間短縮されます。すぐにお金を借りたい方は、まずはWeb申し込みを行なうことをおすすめします。

まとめ

自動契約機(むじんくん)の営業時間は8時~22時まで。(※一部の店舗は21時まで。)

土日祝日も営業しており、年中無休(年末年始除く)で営業しています。

ちなみにアコムの自動契約機(むじんくん)はあくまでも無人契約機。そのため、ローンカードが即日発行されたら、併設されているアコムATMで借り入れするか、コンビニ提携ATMで借り入れする流れになります。また、銀行口座への振込融資を選択した場合には、銀行ATMにて引き出しとなります。

なお、即日融資を希望する方は、まずはネットでアコムに事前申し込みをしてから自動契約機(むじんくん)へ向かうのが一番早い借り方です。お急ぎの方はぜひパソコンやスマホでWeb申し込みを。

自動契約機(むじんくん)Q&A

「どうやって借りるの?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「今日中に借りれる?」

今すぐお金を借りたいという方におすすめの自動契約機(むじんくん)ですが、初めて自動契約機(むじんくん)(自動契約機)を利用する場合は何も分からず不安ではないでしょうか。

こちらのQ&Aでは、自動契約機(むじんくん)によくある質問と答えをご紹介していますので、良ければ参考にしてみて下さい。

Q.自動契約機(むじんくん)の審査はどんな感じですか?

A.自動契約機(むじんくん)で行なわれる審査は、店舗窓口と同様に審査されます。

申込手続きの際に入力した情報をもとに判断され、申込者の勤務先へ在籍確認の電話もかかってきます。(※土日祝日で勤務先が休みであれば在籍確認は後日に。)

気になる在籍確認の電話は、電話は担当者の個人名でかかってきます。職場の誰が電話に出たとしても、アコムからの電話だとバレることはなく安心です。申込者のプライバシーに配慮されている証拠ですね。

Q.自動契約機(むじんくん)は土日や祝日でも利用できますか?

A.はい。土日祝日も営業しています。

アコムの自動契約機(むじんくん)は土日祝日でも営業している上に、即日融資にも対応しています。契約完了後にローンカードが即日発行されるので、自動契約機(むじんくん)に併設されているアコムATMにてすぐにお金を引き出すことが可能です。

Q.アコムの自動契約機(むじんくん)で借りる時に必要なものは何かありますか?

A.基本的には運転免許証があればOKです。

アコムで借り入れる希望額が50万円以下の場合には、必要書類は運転免許証のみでOKです。運転免許証をお持ちでない場合は、個人番号カード(マイナンバーカード)や健康保険証を持参してください。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

自動契約機(むじんくん)の基礎知識コラム

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はアコムなどのキャッシングの場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

簡単に借り入れができると言われるアコムなどのキャッシングですがその審査能力は突出しています。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのはアコムなどのキャッシング業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とするアコムなどのキャッシングの方が、与信審査の専門性が高いからです。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

アコムなどのキャッシングのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、アコムなどのキャッシングは貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

昨今のアコムなどのキャッシング業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、アコムなどのキャッシングには貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

アコムなどのキャッシングと言うと反社会的集団が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたので法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりもアコムなどのキャッシングのほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。


自動契約機(むじんくん)お役立ち情報

\今すぐ借りるなら
アコムの自動契約機(むじんくん)/

今すぐ借りるなら事前申込み↓