むじんくん審査甘い

\自動契約機(むじんくん)で今すぐ借りるなら/

トップページ > 鹿児島県 > さつま町

鹿児島県さつま町周辺自動契約機(むじんくん)をお探しの方必見。さつま町近くにあるアコムの自動契約機(むじんくん)で今すぐお金を借りたい方は、自動契約機(むじんくん)コーナーに行く前にネットで事前申し込みをするのがおすすめ。最短即日で借りたい方はぜひWeb申し込みを。

「突然の出費で今すぐお金借りたい」
「郵送物なしでお金借りたい」


こういった方には、郵送物なしで即日融資も可能なアコム自動契約機(むじんくん)の利用がおすすめです。

\今からお金借りれる!/
自動契約機(むじんくん)の借り方は?

1.アコムの自動契約機(むじんくん)に来店

お近くの自動契約機(むじんくん)に来店する際には、本人確認書類を持参してください。

また、以下に該当する方は、本人確認書類と合わせて収入証明書の提出が必要になります。
・アコムで50万円以上借り入れる方
・他社を含めた借入総額が100万円を超える方

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

2.申し込み手続き

画面にしたがって、必要事項の入力や本人確認書類の提出を行ないます。

操作はタッチパネル式で画面どおり進めば大丈夫ですが、操作方法が分からない場合には、備え付けの電話でオペレーターに聞くことが出来るので安心です。

3.審査開始

仮審査がなく、申込完了後すぐに本審査が行なわれます。

審査時間は最短30分ほど。審査中は自動契約機(むじんくん)の中で審査結果を待ちます。

4.審査結果の回答

審査が完了したら、備え付けの電話にてオペレーターより結果が伝えられます。利用限度額についてもこの時伝えられます。

ちなみに利用限度額は、総量規制の対象により年収の3分の1以上の借り入れは法律上できません。よって、最高限度額は年収の3分の1までとなります。借入希望額の目安に覚えておいて下さい。

5.契約手続き

無事に審査に通ったら、タッチパネルで契約手続きを進めます。

カードの暗証番号の設定や申込内容の確認などが完了すると、契約書が出てきます。

出てきた契約書を確認し、署名してモニター下部の機械に読み込めばOK。これですべての手続きが完了です。

6.カード即日発行

すべての手続き完了後は、自動契約機(むじんくん)からすぐにローンカードが発行されます。

カードが即日発行されるので、自宅に郵送物が送られることはありません。家族にバレる心配がないので安心ですね。

7.アコムATMで借り入れ

自動契約機(むじんくん)の隣にはアコムATMが併設されているので、すぐに借り入れ出来て便利です。

アコムATMに限らずコンビニ提携ATMでも、借入・返済は可能です。銀行振込を選択すれば、銀行ATMでも現金の引き出しが可能になりますが、今すぐお金を借りたい方はアコムATMでの借り入れが一番早いのでおすすめです。

\今すぐお金を借りたい人は/
自動契約機(むじんくん)がおすすめです

今すぐ最短で借りるなら
事前にネット申し込み!
金利限度額審査時間
年3.0%~18.0%800万円まで最短30分
  • 即日融資にも対応!
  • 振込キャッシングも可能!

【はじめてなら30日間無利息!】
初めてアコムで借り入れる方に限り、30日間利息が0円で借りれるサービスが行なわれています。お得に借りれるチャンスですが、審査が不安という方は公式サイトにある「3秒診断」でまずは借入診断をしてみることをおすすめします。

【郵送物なしで借りれる!】
自動契約機(むじんくん)で契約手続きを行なうと、手続き完了後すぐにローンカードが即日発行されます。自宅にローンカードが届く心配がないので、家族にバレずに借り入れることができます。

【事前申し込みなら最短で借入!】
自動契約機(むじんくん)に来店する前に、パソコンやスマホから事前にネット申し込みを済ませておくだけで、自動契約機(むじんくん)での手続きが大幅に時間短縮されます。すぐにお金を借りたい方は、まずはWeb申し込みを行なうことをおすすめします。

まとめ

自動契約機(むじんくん)の営業時間は8時~22時まで。(※一部の店舗は21時まで。)

土日祝日も営業しており、年中無休(年末年始除く)で営業しています。

ちなみにアコムの自動契約機(むじんくん)は、ローンカードが即日発行されたら、併設されているアコムATMで借り入れするか、コンビニ提携ATMで借り入れする流れになります。また、銀行口座への振込融資を選択した場合には、銀行ATMにて引き出しとなります。

なお、即日融資を希望する方は、まずはネットでアコムに事前申し込みをしてから自動契約機(むじんくん)へ向かうのが一番早い借り方です。お急ぎの方はぜひパソコンやスマホでWeb申し込みを。

鹿児島県さつま町の方向け自動契約機(むじんくん)Q&A

「どうやって借りるの?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「今日中に借りれる?」

今すぐお金を借りたいという方におすすめの自動契約機(むじんくん)ですが、初めて自動契約機(むじんくん)(自動契約機)を利用する場合は何も分からず不安ではないでしょうか。

こちらのQ&Aでは、自動契約機(むじんくん)によくある質問と答えをご紹介していますので、良ければ参考にしてみて下さい。

Q.自動契約機(むじんくん)の審査はどんな感じですか?

A.自動契約機(むじんくん)で行なわれる審査は、店舗窓口と同様に審査されます。

申込手続きの際に入力した情報をもとに判断され、申込者の勤務先へ在籍確認の電話もかかってきます。(※土日祝日で勤務先が休みであれば在籍確認は後日に。)

気になる在籍確認の電話は、電話は担当者の個人名でかかってきます。職場の誰が電話に出たとしても、アコムからの電話だとバレることはなく安心です。申込者のプライバシーに配慮されている証拠ですね。

Q.自動契約機(むじんくん)は土日や祝日でも利用できますか?

A.はい。土日祝日も営業しています。

アコムの自動契約機(むじんくん)は土日祝日でも営業している上に、即日融資にも対応しています。契約完了後にローンカードが即日発行されるので、自動契約機(むじんくん)に併設されているアコムATMにてすぐにお金を引き出すことが可能です。

Q.アコムの自動契約機(むじんくん)で借りる時に必要なものは何かありますか?

A.基本的には運転免許証があればOKです。

アコムで借り入れる希望額が50万円以下の場合には、必要書類は運転免許証のみでOKです。運転免許証をお持ちでない場合は、個人番号カード(マイナンバーカード)や健康保険証を持参してください。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

自動契約機(むじんくん)の基礎知識コラム

消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを利用するのが便利です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますからランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度アコムのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融アコムなどがあります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でアコムのキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのアコムのキャッシングなどがありますね。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためまんざら消費者金融アコムのほうが高金利とは言えません。

消費者金融のアコムのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合も事業用資金に使用できないことが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがアコムのカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融アコムのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、などがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されアコムのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融アコムですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融アコムの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

鹿児島県さつま町の方向け自動契約機(むじんくん)お役立ち情報

\今すぐ借りるなら
アコムの自動契約機(むじんくん)/

鹿児島県さつま町で今すぐ借りるなら事前申込み↓